--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2008年11月28日(金) 記事No.19
赤面症克服法には、自分でできるものもありますが、必ずしも赤面症や
対人恐怖症が根本的な原因ではない場合があるので気をつけなければ
いけません。


もちろん自分で赤面症克服法を使って治したいと思っている方の中には、
精神科の先生に相談するほどではないと思っている方もいるでしょう。


しかし、赤面症の症状が精神的な疾患や、人格障害などがあって
おきているとしたらどうでしょう?


精神科の先生に相談するということは、赤面症や対人恐怖症の
症状を出す原因に、他の精神的な疾患があるかどうかをチェックできる
わけで、もしそのような病気が見つかれば、適切な治療を受けられる
ことになります。


たとえば統合失調症などの場合には、ある目的に向かって行動を
することが、難しくなってしまうという症状があります。


また、妄想・幻聴を伴うような場合もあり、「他人が自分を笑っている」
などの対人恐怖症や、「他人から攻撃される」などというような妄想など
の症状が伴って、起こることもあるのです。


たとえ本人が自分の症状が、赤面恐怖だけだと思い込んでいたとしても、
専門のお医者さんに診断してもらうことにより、他にも疑うような症状を
チェックすることができたり、他の根本的な病気の原因を知ることも
できるでしょう。


統合失調症は、適切な治療を行ってくれる先生がいますし、効果のある
治療薬も開発されていますので、お医者さんの指示に従い適切に服用
していけば、症状を改善していくことができるでしょう。

赤面症と他の症状 |  トラックバック(0) |  記事を編集 | 

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。