--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2008年11月16日(日) 記事No.18
赤面症克服法で赤面症を治したいと考えている人の中には、
精神科に行くほどではないと考えている方もいるでしょう。


もちろん赤面症克服法のなかには、自分で解決できるような
ものもあります。


しかし、赤面症や対人恐怖症の症状の根本的な原因が、
万一精神的な疾患や人格障害などによって、赤面症や対人恐怖症
などの症状が現れているとしたら、自力で克服していくことは
難しい場合があります。


人格障害は精神的に疾患によって、異常な行動を起したり、
妄想や幻聴が起こったりするのとは違い、どこか不安定であったり、
性格に偏りがあったりしますが、それは精神的な疾患であるとは
言い切れず、「障害」というよりは、どちらかというと「混乱」に
近いものであるといえます。


人格障害(パーソナリティ障害)の人の症状もさまざまですが、
赤面恐怖や対人恐怖を訴える人も中にはいるのです。


もちろん本人は赤面症の症状だけしか気づかない場合もあり、
そのようなケースでは医師の診察を受けることで、現れている
症状の本当の原因、人格障害や精神的な疾患などがわかったり
する場合があります。


専門の医師でさえ人格障害というものは、とても扱いづらい
病気のひとつです。


一口に赤面症といっても、このように人格障害などの原因によって
症状が現れているケースもあるので、一度しっかりと病院で
診断を受けることをオススメします。
赤面症と他の症状 |  トラックバック(0) |  記事を編集 | 

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。