--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2008年11月07日(金) 記事No.17
赤面症克服法には、自分でできるものもありますが、精神科の先生に
相談することによって、なぜ対人恐怖症のような症状が現れている
のかの根本的な原因を見つけることができる場合があります。


このように他の精神的な疾患が見つかれば、赤面症を治す近道に
なることになります。


というのも、精神的な疾患や、人格障害などがあることによって、
赤面症や対人恐怖症の症状が起こっている場合があるのです。


最近はうつ病という病名がよく聞かれるようになってきましたが、
このうつ病にかかってしまうと、人と接するだけの気力がなくなって
しまうという状態になります。


つまりうつ病でも「人に会えない」、「人に会いたくない」という
症状がでるわけです。


そしてうつ病の症状がかなり深刻になると、自殺をさえ図る気力も
なくなってしまったりするのですが、逆に少し症状が良くなってきたと
思っているときに、将来を悲観的に思い、自殺や他害というような
行動を起こしてしまうことがあります。


赤面症をなんとか克服したいと考える人は、真面目な性格で
努力家という人が多いようです。


そのまじめさゆえに、赤面症を自分でなんとか解決しようと頑張ったり、
誰にも相談することなく自分1人で苦しんでしまいがちで、うつ病の
適切な治療を受けるまでに時間がかかってしまうケースがあります。


うつ病は、今では効果のある薬も開発されていますし、適切な治療を
行ってくれる先生もたくさんいるので、安心して治療を受けてみるのも
よいでしょう。

赤面症と他の症状 |  トラックバック(0) |  記事を編集 | 

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。