--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2008年10月05日(日) 記事No.14
赤面症克服法にはいろいろな方法がありますが、
苦しんでいるのは「自分だけではないんだ」と思うことが、
とても重要な気付きとなることがあります。

それには自助グループに参加してみることです。

この方法は赤面症克服法という観点だけではなく、
対人恐怖症そのものを改善する場合があるのです。

しかし、いきなり知らないグループに参加するのは、
いろいろな面で不安が大きすぎますよね。

そもそも対人恐怖を持っているのだし、そういったグループを
探すこと自体に疲弊してしまうかもしれません。

また、近頃はよくわからない事件も多いので、
そういう意味からしても心配なのはもっともなことです。

活動の歴史も長く治療法の1つとして確立された自助グループに、
あの森田療法を受けている患者グループの、
NPO法人「生活の発見会」というものがあります。

このような活動のしっかりした自助グループを使うえば、
安心して参加することが出来るでしょう。

ただしどんな病状でもこの方法がいいとは限りません。

たとえば、患者さん同士の集まりを持たないほうがいいような
種類の疾病もあるので注意が必要です。

たとえば「摂食障害」の患者さんの場合がそうです。

うっかりすると患者さんの集まりが「やけ食い大会」のように
なってしまうようなケースも現実的に起こることがあるそうなのです。

このようなマイナス効果にならないように、
対人恐怖症の自助グループに参加する場合は、
お医者さんの紹介を受けたり、病院が主催しているような
グループに参加するのが安心です。

赤面症克服法は、その患者さんの病状によって
注意しなければならないことも多いのです。
赤面症とは |  トラックバック(0) |  記事を編集 | 

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。