--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2008年08月28日(木) 記事No.1
赤面症は、自分の顔が赤くなってしまうことが原因で、
人に会ったり、話をしたりしたくない
という状態になってしまいます。

この赤面症を克服するためには、
単に赤面症だけが原因で人と会いたくないのか、
それとも他に理由があって、いわゆる対人恐怖症に
陥っていないかなどの分析が必要です。

こういうことから赤面症は、
対人恐怖症の症状の一種とも考えられています。

つまり、周りに誰もいない一人のときに
顔が赤くなっていることは、
あまり苦痛に感じてはいないのに、
「人と会うと、顔が赤くなる」という症状を
訴えるケースが多いため、
一種の対人恐怖症ともいえるのです。

赤面症は、顔が赤くなることで
「人から変に思われるのではないか」とか、
「自分が相手に好意を持っているのではないかと、
勘違いされるのではないか」などの
悩みが生じることが多いようです。

これに対して、たとえ顔が赤くなる場合であっても、
特に本人が気にしていなく苦痛もないというケースでは、
単なる赤面であって、赤面「症」としての治療は
必要がないものなのです。

赤面症克服法としては、赤面が気にならないという
精神状態を得るという方法もあります。

また、赤面症の症状は人によって様々で、
「耳たぶが赤くなる」「頬が赤くなる」
「赤面だけでなく汗もかく」など様々なケースがあります。

一般的に赤面症は「どうでもいい相手」には
起こらないことが多いものです。

つまり気になる異性を前にしたときや、苦手な上司など、
自分にとって何らかの影響がある相手を前にしたときに
起こる場合が多いようです。
赤面症とは |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。